「あー」「うん」「わかった」

「あー」「うん」「わかった」

山咲嘉弘です。

あなたがもし
高校生の息子がいるけど、
日頃は会話はまったくなし。

話しかけても、
決まって「あー」「うん」「わかった」の3パターン。
たまーに近寄ってくるとおねだり。

昔はあん~なにかわいかったのになあ~。
いったいどこで変わったのかなあ。
何考えているか全くわからないから、
一緒にいると俺が気まずいんだよなあ。

なんてことありませんか?

それが息子から
「今日はこんなことやったよ」
「これが面白かったよ」

ってなったら、よくないですか?

実はこれカンタンなんです。

大事なことは回数なんです。

人や物に会う回数が増えることで好印象を持つようになるそうです。
(ザイオンス効果)

そのためにやっていただきたい
ポイントは3つです。

1.いつ何をやるか決めること
2.回数を数えること
3.相手の立場に立つこと

今回は2.についてお話しますね。

人間忘れてしまう生き物です。

なので、回数を記録する必要があります。

ザイオンス効果によると
回数が増えれば増えるほど、
相手との距離が近づいています。

しかもやればやるほど。

大切な人との距離も近づいていくと
最高の人生が送れますよね。

なので是非、回数を記録してみてくださいね。

今日もゴキゲンで行きましょう!

【無料メール講座を毎日配信中です】

上司と部下をそして家族も巻き込む
仕事力養成講座

ビジネスパーソンのあなた、
特に、
家族を持つオヤジのあなたに向けて
上司と部下をそして家族も巻き込み
仕事力を養成する無料メール講座を
毎日お届けしています。

勤務先でも、家庭でも
孤独でやりがいがない毎日から
自分の周りを巻き込み
最高の毎日を一緒に生きましょう!

無料メール講座登録フォーム


メールアドレス

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)